点検システムの用途・活用例

日々様々な設備機器を運用する現場において、定期的な点検作業は事業を運営する上で欠かせない業務です。日常業務に電子端末を活用する企業が増えていますが、具体的にはどのような業界で点検システムが導入されているのでしょうか。

点検システムの用途例

点検システムは現場点検や設備点検、機器点検など業界を問わずに利用できますが、具体的には以下のような場面での点検に最適なシステムです。
鉄道・電力・ガス・水道・通信キャリア・ビル管理・警備会社など、インフラ分野や保守サービス関係の事業で特に活用されています。

  • 倉庫の温度管理
  • 製造工場の設備点検
  • 製造工場の機械・電気設備点検
  • ビルや地下街の設備・管理
  • エレベーター、空調設備の点検
  • 電柱の巡視・保守点検
  • 基地局や変電所、通信設備の点検
倉庫の温度管理
  • 踏切や車体、レールの保守点検
  • 航空機整備の保守点検
  • 石油、ガスパイプラインの漏洩点検
  • ETC設備、道路照明、橋梁の保守点検
  • 農業設備の点検
  • 河川や湖の水位管理
  • 上下水道管理施設、水道管路の保守点検
踏切や車体、レールの保守点検

点検システムの活用例

点検システムの活用例

点検システムの導入でメリットが得られるのは、現場作業者だけではありません。現場作業者、作業管理者、経営者それぞれの立場から活用例を見ていきます。

● 現場作業者

帳票の破損や紛失、修正などの管理が不要となり本業に集中できるほか、報告書提出のために事務所に戻る時間が不要になり、効率よく作業できます。

● 作業管理者

紙資料をデータ化する手間が省け、人件費の削減になります。点検マニュアルや手順書を合わせてデータ化しておけば、社員教育コストを削減することも可能です。
点検結果を踏まえてデータを活用し、設備投資計画を立てるのに役立ちます。

● 経営者

不正点検防止をアピールすることで品質・信頼性が向上するほか、紙・トナーなどの消耗品や帳票の保管スペースを削減できます。分析したデータに基づいた戦略を考えることで、利益向上にも繋がります。

広島で点検システムの開発なら、当社にお任せください。現場のニーズをお伺いし、点検作業の効率化・品質向上にお役立て頂けるシステムの開発を行っております。業務に合わせて柔軟に対応いたしますので、作業効率化を図るためにもぜひご検討ください。