UCツールなどの新システム導入はプロへ

企業では現状業務に発生する手間のかかる業務の廃止・削減や業務時間の削減には、業務効率化が欠かせません。最先端のITシステムを導入することも業務効率化につながります。ユニファイドコミュニケーションもその一つです。スムーズな導入には、システム開発や導入をサポートしているプロへ任せることです。

ユニファイドコミュニケーションとは

ユニファイドコミュニケーションとは

IT技術が発展したことにより、企業には携帯電話や電子メール、インスタント・メッセージなど様々な通信手段が浸透しました。手軽に社員同士で連携を取れるようになり、顧客や取引先との連絡も便利になりました。
しかし、その反面どの通信手段を選択すればいいのかという問題が生じています。
適切な手段を選択できなかった場合は、相手に迷惑をかけることになり、業務効率を低下させることもあります。

そこで考えられたのがユニファイドコミュニケーション(以下UC)です。UCツールはオフィス内の連絡業務を効率化に優れており、パソコンに専用ソフトを導入することで、複数の通信手段の使い分けや組み合わせができます。
「プレゼンス」という機能では、相手が在籍中か、電話に出られる状況かを事前に確認できます。

システム開発・導入はプロへ

システム開発・導入はプロへ

UCツールなどの新システムを導入する際は何から手をつけたらいいのか、また何を準備すれば良いのかと迷うことが多いかと思います。また、そのシステムについての基本的な知識があればある程度は対応できるかもしれませんが、トラブルが発生した時には困ることも出てきます。そのような時にはITコンサルタントのサポートを受けるのがおすすめです。

ITコンサルタントは、企業の経営方針に合ったシステム開発やシステムの最適化・経営改善をおもな業務としています。
システム導入の依頼を受けた場合は、各分野のスペシャリストと連携し、システムの設計、開発・動作検証などあらゆる作業を行います。ITコンサルタントがいることで、新システムの導入も問題なく行えます。

広島県にある当社ではシステム開発・導入・運用におけるコンサルティングを行っています。お客様のご希望に合わせた、カスタマイズの企画・制作・ご提案を心がけております。CMSの導入・構築やAPIを利用したサブシステムの構築、アプリケーション開発など、幅広く行っていますので、ITシステムのことは当社へお任せください。