システム開発を依頼する前に

新しいシステムの導入は、業務の効率化をはかり、より良い職場環境づくりに役立てることができます。
目的にあったシステムを導入する為には、ステム開発を外注する際に事前に確認しておくべきことがあります。

どんなシステムを導入したいのか

どんなシステムを導入したいのか

「なんのために」「どうして」新しいシステムを導入したいのか目的がハッキリしないと、どのようなシステムが必要なのかが曖昧になってしまいます。
まずは、以下の点を踏まえて現状を分析してみましょう。

  • 現在抱えている課題は何か
  • 現在使っているシステムに対する不満点とは
  • どの作業を効率化したいのか
  • システムを導入して何を実現させたいのか
現状を細かく分析することで、自ずと必要な機能の優先順位や内容などが決まってくるはずです。導入の目的がはっきりすれば、外注の依頼をする際に求めているシステムを正確に伝えることができます。

シミュレーションをする

シミュレーションをする

新しいシステムを導入すれば、今までの業務フローは変わります。
新しいことを始める際、新しい業務・管理へのスムーズな移行、人事など、様々な課題がでてくることがあります。課題をスムーズに解決する為にも事前にシミュレーションをして、対策を講じておくことが大切です。

予算を決める

予算を決める

外注する際は、予算を決めておくことで計画的な開発が可能になります。システム開発する側も事前に予算をお伝えて頂ければ、希望している機能を全てつけるのが難しい場合も代案の提案を行えます。

システム開発を依頼するなら、当社にお任せください。広島県広島市にある当社ではアプリケーションや各種システム開発、お客様の業務フローに合わせたパッケージ製品の導入、カスタマイズの企画・制作・ご提案をしています。また、CMSの導入・構築やAPIを利用したサブシステムの構築、運用コンサルティングなども行っており、お客様の業務プロセスに最適なソリューションのご提案をいたします。
システムに関することでお困りのことがありましたら、お気軽にお問い合わせください。